【邦画】「狂った果実」(1956)【邦画】「太陽の季節」(1956)

2018年11月28日

【邦画】「謝罪の王様」(2013)

[ひと言感想]
成る程、謝罪が難しいのは、相手の言い分を只管聞くばかりだからなのだろう。
自分の言い分、ひいては、自我の「行き場」を失うからなのだろう。
とはいえ、過失割合が10-0の人間間のトラブルは基本無い。
せいぜい、停車中のクルマにオカマを掘る位だろう。
たしかに、謝罪は人間間のトラブルを収めるのに有効である。
だが、真に効を為すには、両者の真摯かつ素直な努めが必要なのである。
謝罪は一方がするものではなく、両者で営まれるものである。


謝罪の王様 [DVD]
出演:阿部サダヲ、井上真央、高橋克実
監督:水田伸生
バップ
2014-03-28




kimio_memo at 07:17│Comments(0) 映画 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【邦画】「狂った果実」(1956)【邦画】「太陽の季節」(1956)