【邦画】「岸辺の旅」(2015)【洋画】「フラッシュダンス/Flashdance」(1983)

2018年10月19日

【ドラマ】「向田邦子の恋文」(2004)

[ひと言感想]
人生の大事は張りをなくさないことである。
その最たるは、褒めてもらいたい人に褒めてもらえることである。
とりわけ我々小市民は、褒めてもらいたい人に褒めてもらえるから、頑張れるのである。
翻って、褒めてもらいたい人に褒めてもらえる見込みがないと、頑張れない、自棄を起こす、のである。
妹の和子曰く、邦子は「一途」だったという。
一途で事を為す人というのは、いかに外部環境が変われど、褒めてもらいたい人から褒められた喜び、褒められる見込み、を自らなくさない人を言うのかもしれない。


向田邦子の恋文 [DVD]
出演:山口智子、大口広司、樹木希林、岸部一徳、岸本加世子、藤村志保、田畑智子
監督:久世光彦
TBS
2004-07-14




【ナレーション/向田和子】
お正月はおめでたいらしい。
けれど、家庭というものは表向きだけでは分からない。
どこの家だって、玄関を入り敷居をまたいだら、そこには何があるか知れたものではない。
けれど、それは世間にそのまま晒して良いというものではない。
できるなら、静かで穏やかな家庭に見える方が良い。
それは偽ることではなく、実際にそうなるように努める、人間の優しさと知恵なのかもしれない。


向田邦子の恋文 (新潮文庫)
向田 和子
新潮社
2005-07-28




kimio_memo at 06:59│Comments(0) テレビ | DVD

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【邦画】「岸辺の旅」(2015)【洋画】「フラッシュダンス/Flashdance」(1983)