【洋画】「理想の恋人.com/Must Love Dogs」(2005)【邦画】「男はつらいよ 第45作 寅次郎の青春」(1992)

2014年12月11日

【邦画】「なくもんか」(2009)

[ひと言感想]
「本当に好きでやっているコト」も「断れないからやっているコト」も「嫌われたくないからやっているコト」も、人にひと言で言うと「好きでやっているコト」になります。
しかし、各々の間には深くて暗い河が在り、それはみな感覚的に理解しています。
「『好きでやっているコト』ですから!」と笑顔で応える(であろう)人にコトを求め(続け)るのが確信犯になるか否か。
それは詰まる所、自分がその人の優しさを真に受けられるか否か、そして、その人をあり難い他者として敬愛しているか否か、で決まるのでしょう。


なくもんか 通常版 [DVD]
出演:阿部サダヲ、瑛太、塚本高史、竹内結子
監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎 
バップ
2010-05-21



【祐介(演:瑛太さん)】
しかし、アレですね。
「地球に優しく」って言いますけど、もし僕が地球だったら、逆にプレッシャーですね。

【祐太(演:阿部サダヲさん)】
(※オカマ調で)あら、面白いこと言うわねー!

【祐介】
だって、ほら、僕あんまり、人に優しくされたことないから。

【祐太】
(無言)

【祐介】
今だから言いますけど、今日ウケなかったら僕、引退しようと思ってたんです。

【祐太】
(※マジ声で)祐介・・・

【祐介】
唯一僕を認めてくれた大介兄さんが居なくなっちゃって、まあ「兄さん」って言っても他人なんですけどね、「もう無理かなあ」って、半ば諦めかけてたんですけど、そしたら急に、こんな人が出てきちゃって、なんか、姉さんだか兄さんだか分かんない人が出てきちゃって、もうウケちゃって、正直もう、どうしていいか分かんないです。

【祐太】
ごめん・・・

【祐介】
さっきも言いましたけど、オレ人に優しくされたことがないから、素直に喜べないんだよね。
・・・ああ、すいませんね、空気読めなくて。え
ああ、すいません、みんなで地球に優しくしようとしているとこ、ちっちぇえ話しちゃって。
とりあえず、兄さんだけでも笑っててくんない?

【祐太】
(頷き、笑顔になる)

【祐介】
ねえ、ウザイでしょ、この笑顔。
暴力的でしょ。
ずっとこの調子なんですよ。
なんで・・・なんでそんな笑ってられんの?

【祐太】
(無言)

【祐介】
教えてくれよ。
他所様の家に20年以上厄介になってさ、そこんちの親と子どもと、近所の連中と、オレみたいな・・・オレみたいな薄ら寒い弟の世話まで焼いてくれてさ・・・あり難がられるどころかウザがられてさ、なんでそんな笑ってられんの?
なんか、裏があるの?

【祐太】
裏なんかねえよ。

【祐介】
じゃあ、なんだよ。
なんでそんな優しいんだよ?

【祐太】
決まってんだろ。

【祐介】
なんだよ?

【祐太】
・・・(※またオカマ調に戻って)好きでやってんのよ

【祐太/祐介】
(※観衆にお辞儀しながら)どうもありがとうございました。

【観衆】
(一同拍手)


kimio_memo at 06:00│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【洋画】「理想の恋人.com/Must Love Dogs」(2005)【邦画】「男はつらいよ 第45作 寅次郎の青春」(1992)