【洋画】「ヒマラヤ 運命の山/NANGA PARBAT」(2011)【邦画】「HOME 愛しの座敷わらし」(2012)

2014年10月08日

【第62期王座戦第四局】豊島挑戦者、羽生王座の「軽率」な着手を正確に咎め、タイ、最終局に持ち込む

[ひと言感想]
本局はニコ生でリアルタイム視聴していたのですが、103手目、豊島将之挑戦者が▲8六馬を着手後、「検討通りに進み、羽生玉、万事休す」と控室が検討を打ち切ってもなお、羽生善治王座は約10分間、残りの僅かな持ち時間の過半を使って最善手を発見し続けました。
羽生王座のこと、当時現局面が、34手目の自分の「軽率」な着手(△1四歩)に起因しているのは、薄々感じていたに違いありません。
断末魔の辛苦を自業自得と堪え、最後の最後まで光明の発見に専心し、実力と執念の維持、向上を絶やさない
角番に追い込まれてから連勝し、タイ、最終局に持ち込んだ豊島挑戦者の健闘には拍手を送るばかりですが、羽生王座の往生際には頭が下がるばかりです。


★2014年10月7日催行
http://live.shogi.or.jp/ouza/
http://kifulog.shogi.or.jp/ouza/62_04/
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/62/ouza201410070101.html



※棋譜コメント※
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/62/ouza201410070101.html

102手目△(6三)同玉
ここで▲8六馬や▲4四馬が▲5三馬を見て詰めろになる控室では▲8五馬の狙いもあるので、▲8六馬を本命と見ている

103手目▲8六馬
△5二金には▲6四金~▲5三金と、上から攻め潰せる△6一桂や△7四桂などの受けも考えられるが、控室ではいずれも寄りと見て検討が打ち切られた。まず△6一桂には▲8五馬が厳しい。△6二玉に▲4一馬で寄り筋だ。香の筋を止めながら馬に当てる△7四桂はちょっと難しい。▲5三香成△7三玉に▲4六銀が▲6四馬△同玉▲6三金を見た詰めろになるが、それで決まっているかどうか。
時刻は21時40分。関係者がモニターの前に集まりじっと見守っている。報道陣はカメラを肩にかけた。


※局後の感想※

33手目▲4八角
「(豊島将之挑戦者の▲4八角には△1四歩ではなく)まあ、(△8五歩と)突いて(対応して)おくんでしたかね」(羽生)
△8五歩以下▲7七金△1四歩▲6六金△6五歩▲5六金△6三銀▲7五金△6四銀▲7八飛△5五銀左が感想戦で示された手順。
「これは分からないです」と豊島。△8五歩以下は、一局としかいいようがないようだ。
「(△8五歩を)突くのが普通でしたか。先手番なら元々突いてある形なので、それをいまさら突くのもどうかと思ったのですが△1四歩は軽率だったかもしれませんね」(羽生)

37手目▲5六飛
代えて▲3九角は「△6三銀で自信がありません」と豊島。以下▲7七歩に△5四歩と仕掛けて後手ペースとされた。

42手目△8四銀
△8四銀の前に△5五銀▲4五銀を入れておく変化がもっとも深く検討された。角を取る前に銀をぶつければ、本譜のように手抜きはしづらく、▲4五銀に限定できるようだ。以下の変化は先の局面で、それぞれ記載する。

49手目▲7四歩
42手目で△5五銀▲4五銀が入っている場合は、(1)▲7四歩に△7五飛▲7七金△8五桂▲8六銀△7四飛▲8五銀△6四飛▲7一飛△8八歩が並べられて、「これはこれで、本譜と違う長い将棋ですか」と羽生。
豊島の予定は、▲7四歩に代えて(2)▲7一飛だった。以下△6九飛▲7九歩△4四銀▲3四銀△5六角に▲5九歩が示されて、「はー!」と羽生がうなる。そこから△3四角▲5八銀△8八歩▲6九銀△8九歩成と進められて「本譜とどちらがいいか微妙なところです」と羽生。少なくとも後手が自信のある変化ではないようだ。

56手目△7一歩
歩を打たずに△6九飛を示して、「こっちでしたか」と羽生。
以下(1)▲6三と△8一角▲5二と△7二角▲4一と△4七香に豊島は少し考え込んで▲3一金△3三玉▲3六桂を示した。「そうか、これは足りないですね」と羽生。そこで羽生は△4七香に代えて△2四香をひねり出すと、今度は豊島が「これはダメですね」と手を戻した。最終的にひねり出されたのは△6九飛に(2)▲5八銀△8九飛成を入れてから▲6三ととする順。以下△8一角に▲7九金と飛車に当てて先手良しと結論。
「そうか、これは悪いですね(羽生)

75手目▲8一飛
ここで△7一歩は▲9一飛成△7七香成▲9二竜△7二歩に▲7九金が好手で先手良し。以降は後手のチャンスが見つからなかった。後手は戻って42手目に△5五銀▲4五銀を入れる変化にするか、さらに戻って34手目△1四歩で△8五歩とするしかなかったようだ。感想戦は23時15分に終了した。

★棋譜コメント(↓)から転載
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/62/ouza201410070101.html



kimio_memo at 07:39│Comments(0)TrackBack(0) 将棋タイトル戦 | -王座戦

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【洋画】「ヒマラヤ 運命の山/NANGA PARBAT」(2011)【邦画】「HOME 愛しの座敷わらし」(2012)