2021年10月

2021年10月29日

【洋画】「ザ・リング2/The Ring Two」(2005)

[ひと言感想]
サマラがエイダンに憑依したのは、焼き餅だろう。
母に溺愛されることへの羨望が、焼き餅に変容したのだろう。
「思い出は美しすぎて」だが、未経験も「美しすぎて」である。


ザ・リング2 [Blu-ray]
出演:ナオミ・ワッツ、デイヴィッド・ドーフマン、ダヴェイ・チェイス
監督:中田秀夫
角川書店
2012-10-26


続きを読む

kimio_memo at 06:49|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月28日

【洋画】「ポリスアカデミー/Police Academy」(1984)

[ひと言感想]
公職の本質は自己犠牲である。
社会的非常時の収束は自己犠牲の質量に依存する。


ポリスアカデミー [Blu-ray]
出演:スティーブ・グッテンバーグ、ババ・スミス 、ジョージ・ゲインズ
監督:ヒュー・ウィルソン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-12-05




kimio_memo at 07:16|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月27日

【洋画】「ザ・リング/The Ring」(2002)

[ひと言感想]
不幸の始まりは凡そ過剰期待である。
この世はシステム、そして、因果応報である。
大事なものほど、期待は慎むが吉である。


ザ・リング [Blu-ray]
出演:ナオミ・ワッツ、デイヴィッド・ドーフマン。マーティン・ヘンダースン、ダヴェイ・チェイス、シャノン・コクラン
監督:ゴア・ヴァービンスキー
角川書店
2012-10-26




kimio_memo at 06:58|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月26日

【洋画】「史上最大の作戦/The Longest Day」(1962)

[ひと言感想]
人間の大敵の最たるは自分である。
それも、特に経験値と成功体験を積み重ねた自分である。
持続的な成功者の要件は、経験値と成功体験を絶えず抽象化、かつ、懐疑し、具体を捨てる習性である。


史上最大の作戦 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
監督:ケン・アナキン、ベルンハルト・ヴィッキ、アンドリュー・マートン
出演:ジョン・ウェイン、ピーター・ローフォード、クリスチャン・マルカン、クルト・ユルゲンス、ヴェルナー・ヒンツ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2018-03-16




kimio_memo at 07:02|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月19日

【洋画】「市民ケーン/Citizen Kane」(1941)

[ひと言感想]
幸福の要件は理解者である。
十二分に清濁併せ呑む者なら、尚更結構である。
人生の本質は理解者の獲得である。


市民ケーン HDマスター [DVD]
出演:オーソン・ウェルズ、ドロシー・カミンゴア、ジョゼフ・コットン
監督:オーソン・ウェルズ
レイ・コリンズ
IVC,Ltd.(VC)(D)
2019-11-29




kimio_memo at 06:53|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月18日

【洋画】「ディアボロス 悪魔の扉/The Devil's Advocate」(1997)

[ひと言感想]
人間は天使と悪魔の同棲である。
両者の中庸こそ良心の本望である。


ディアボロス/悪魔の扉 [Blu-ray]
出演:キアヌ・リーブス、シャーリーズ・セロン、アル・パチーノ
監督:テイラー・ハックフォード
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-11-07


続きを読む

kimio_memo at 06:49|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月15日

【洋画】「黄金/The Treasure of the Sierra Madre」(1948)

[ひと言感想]
「人の不幸は蜜の味」なのは、「出し抜かれ」「一人負け」する確率が減る感があるからである。
「出し抜かれ」まいと「出し抜く」ならまだしも、「出し抜かせない」よう人に働きかけるのは、却って「一人負け」する確率が高い。
人への働きかけは、変数が多過ぎる。
確率論で働きかけるべきは、人でなく、自分自身である。


黄金 スペシャル・エディション [DVD]
出演:ハンフリー・ボガート、ウォルター・ヒューストン
監督:ジョン・ヒューストン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16




kimio_memo at 06:46|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月01日

【邦画】「ぼくらの七日間戦争」(1988)

[ひと言感想]
子どもが不条理に抵抗するのは、面従腹背を心得ておらず、得心を本望するからである。
子どもの未来は得心の経験値に依存する。


ぼくらの七日間戦争 角川映画 THE BEST [Blu-ray]
出演:宮沢りえ、菊池健一郎、工藤正貴、金浜政武、大沢健、賀来千香子、佐野史郎、倉田保昭、大地康雄、笹野高史、金田龍之介、室田日出男
監督:菅原比呂志
KADOKAWA / 角川書店
2019-02-08




kimio_memo at 07:27|PermalinkComments(0) 映画