2021年12月09日

【洋画】「スタンド・バイ・ミー/Stand by Me」(1986)

[ひと言感想]
子どもが親友とずっと一緒に居るのは、親と内心話せないからである。
親友は内心の一番の理解者であり、共有者である。
遂には、救世主であり、今日の礎である。


スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]
出演:ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、リチャード・ドレイファス
監督:ロブ・ライナー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-01-26




kimio_memo at 07:21|PermalinkComments(0) 映画 

2021年12月08日

【日仏合作】「真実/The Truth」(2019)

[ひと言感想]
人生が容易でないのは、人間関係が一筋縄でいかないからである。
一筋縄でいかないのは、事実と真実が大概一致しないからである。
一致しないのは、事実が結果である一方、真実は解釈、遂には希望だからである。
人間関係は希望のすり合わせの帰趨である。
道理で嘘、はたまた台本、演技も方便な訳である。(微笑)


真実 スタンダード・エディション [DVD]
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ
監督:是枝裕和
ギャガ
2020-05-15




kimio_memo at 07:15|PermalinkComments(0) 映画 

2021年11月30日

【洋画】「エニイ・ギブン・サンデー/Any Given Sunday」(1999)

[ひと言感想]
神は誰にも良い日曜を恵むが、モノにできるのは一握りである。
日曜は平生の総決算である。


エニイ ギブン サンデー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
出演:アル・パチーノ、デニス・クエイド、ジェイミー・フォックス、キャメロン・ディアス
監督:オリバー・ストーン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2007-09-21




kimio_memo at 06:51|PermalinkComments(0) 映画 

2021年11月19日

【洋画】「追跡者/U.S. Marshals」(1998)

[ひと言感想
獅子身中の根因は身内の盲信である。
人は信じても、盲信してはいけない。
獅子身中は自業自得である。


追跡者 特別版 [DVD]
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ウェズリー・スナイプス、ロバート・ダウニー・Jr
監督:スチュアート・ベアード
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-12-10




kimio_memo at 06:55|PermalinkComments(0) 映画 

2021年11月18日

【洋画】「サンダーボルト/Thunderbolt and Lightfoot」(1974)

[ひと言感想]
理屈ではないのが一目惚れと情け、そして、相棒である。
相棒を悼むのも理屈ではない。
人生は出会いと別れである。
人生も理屈ではない。


サンダーボルト [DVD]
出演:クリント・イーストウッド、ジェフ・ブリッジズ
監督:マイケル・チミノ (監督)
キングレコード
2021-08-04




kimio_memo at 07:14|PermalinkComments(0) 映画 | -クリント・イーストウッド作品

2021年11月16日

【洋画】「選挙の勝ち方教えます/Our Brand Is Crisis」(2015)

[ひと言感想]
ライザップの肝は健康成就の個別コミットである。
即ち、ビジネスの要所はカスタマーサクセスのコミットである。
担当が一プロセスであれ、その先にあるサクセスをコミットできない顧客、および、利害関係者とのビジネスは、後悔と自棄が関の山である。


選挙の勝ち方教えます [Blu-ray]
出演:サンドラ・ブロック、ビリー・ボブ・ソーントン、ジョアキム・デ・アルメイダ
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-04-05




kimio_memo at 07:09|PermalinkComments(0) 映画 

2021年11月04日

【洋画】「タワーリング・インフェルノ/The Towering Inferno」(1974)

[ひと言感想]
非常時は個人の試練、そして、淘汰である。
地獄に落ちるか否かは実力と運、そして、社会の審判である。


タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]
出演:スティーブ・マックィーン、ポール・ニューマン、ウィリアム・ホールデン
監督:ジョン・ギラーミン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-07-14




kimio_memo at 07:17|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月29日

【洋画】「ザ・リング2/The Ring Two」(2005)

[ひと言感想]
サマラがエイダンに憑依したのは、焼き餅だろう。
母に溺愛されることへの羨望が、焼き餅に変容したのだろう。
「思い出は美しすぎて」だが、未経験も「美しすぎて」である。


ザ・リング2 [Blu-ray]
出演:ナオミ・ワッツ、デイヴィッド・ドーフマン、ダヴェイ・チェイス
監督:中田秀夫
角川書店
2012-10-26


続きを読む

kimio_memo at 06:49|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月28日

【洋画】「ポリスアカデミー/Police Academy」(1984)

[ひと言感想]
公職の本質は自己犠牲である。
社会的非常時の収束は自己犠牲の質量に依存する。


ポリスアカデミー [Blu-ray]
出演:スティーブ・グッテンバーグ、ババ・スミス 、ジョージ・ゲインズ
監督:ヒュー・ウィルソン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-12-05




kimio_memo at 07:16|PermalinkComments(0) 映画 

2021年10月27日

【洋画】「ザ・リング/The Ring」(2002)

[ひと言感想]
不幸の始まりは凡そ過剰期待である。
この世はシステム、そして、因果応報である。
大事なものほど、期待は慎むが吉である。


ザ・リング [Blu-ray]
出演:ナオミ・ワッツ、デイヴィッド・ドーフマン。マーティン・ヘンダースン、ダヴェイ・チェイス、シャノン・コクラン
監督:ゴア・ヴァービンスキー
角川書店
2012-10-26




kimio_memo at 06:58|PermalinkComments(0) 映画